目次

もしかすると自分はEDかもしれないと思ったら、早めに対策を講じることをおすすめします。
神経や血管などに何らかの問題があって海綿体に血液が十分送り込まれないとうまく勃起が得られずにED症状に繋がり、メンタル的な要因も影響すると更に症状が悪化することもあります。
現代のED治療として最も人気があるのはバイアグラなどの治療薬です。
有効率は80%と高く大きな副作用がないので安全性から治療として第一選択になっています。

ED治療薬で効果的な薬とは?

筋肉質な男性

ED治療に効果的なものにバイアグラなどがあります。
ED治療薬を服用しその効果を判断するのが最近の主流になっていて、特定の手術や病気などない場合は内服することで大きく症状を改善することが可能です。
日本ではバイアグラやレビトラ・シアリスなどの3種類が販売されていて、陰茎の血管を拡張し血液循環を良くする作用があります。
医師の診察の元で処方を受けられ、勃起をサポートすることができます。

正確にはPDE5阻害薬と呼ばれていて、PDE5は海綿体に存在する酵素で平滑筋を弛緩させるような情報伝達に関係する物質であるサイクリックGMPを分解させる作用があります。
PDE5が活発になると勃起機能にとって障害になるので、PDE5阻害薬によってこのような酵素を抑制することで海綿体内のサイクリックGMPの濃度をアップすることが可能です。
そのことから平滑筋が弛緩し血行が良くなるので勃起を促進することができ、勃起のメカニズムを正常化することができるのです。

日本で認められている主成分にはバイアグラのシルデナフィルクエン酸塩、レビトラのバルデナフィル塩酸塩、シアリスのタダラフィルがあり、いずれも有効性は非常に高く重篤な副作用がないので人気があります。
尚、狭心症や心筋梗塞などの治療により硝酸薬やNO供与薬などを利用している人は服用できないこともあるので、常用薬があったり既往歴などに関して医師に申告し確認してもらうことをおすすめします。

バイアグラは世界で最初に開発された商品で最も一般的です。
1998年にアメリカで発売されてから世界中に広まり、日本では1999年に正式に認可されました。
レビトラやシアリスなどの新しい薬が次々と発売されましたが、認知度や利用者数に関して不動の人気があります。
最も長く愛用されているものでその内容は保証されています。

レビトラは2003年にドイツから発売され、2004年に日本で認可されました。
分子構造的にはバイアグラより水に溶けやすいので、食事の影響を受けにくかったり即効性があります。
特に最近ではレビトラの人気が上昇していきています。興味がある方は人気商品のレビトラを通販で購入してみましょう。 シアリスは2003年にアメリカから発売され、2007年に認可されました。
バイアグラやレビトラとは少し違う性質を持っていて、新しいタイプの商品です。
それぞれの内容や効果を試してみて自分に合ったものを選択することができます。

ED治療薬は過ごし方で使い分けると良い

仲良さそうなカップル

ED治療薬にはいろいろな種類があるので、自分のライフスタイルに合わせたものを処方してもらったり選択することが可能です。
人によっては持続時間や効き方などが多少異なることがあり、初めて使用する際に不安になることもあるでしょう。
医師とよく相談して、バイアグラやレビトラ・シアリスを2、3種類処方してもらうという方法もあります。
クリニックによっては自由にアレンジしてくれるところもあり、ED治療の持続時間や効き方などの特性を十分に活かした服用を利用者の過ごし方にマッチして選択してくれます。
持続時間や効き方などが異なるED治療薬をいくつか詰め合わせてくれるところもあり、アソートパックなどとも呼ばれています。

尚、高血圧といった持病や心疾患のある人は服用することができないケースもあるので注意が必要です。
持続時間や効き方などを比べてみたり、副作用などの症状が出た場合はきちんと受診しましょう。
バイアグラなどを服用する場合はパートナーにきちんと理解してもらうことをおすすめします。
何も情報を伝えていないと服用する際、見慣れないものを飲んでいると怪しまれたり、何か違う病気ではないかと疑われる可能性もあるでしょう。

パートナーに知られずに服用している人もいますが、変な物を服用していると思われないよう事前に伝えておくことをおすすめします。
バイアグラなどを説明することができるようなパートナーと過ごす時に利用することが大事です。
シアリスは持続効果が長いのでその時間や効き方など活かして、旅行などの時に服用すると便利でしょう。

旅行する場合は一日中一緒にいることになり、服用するタイミングを計ることが難しくなります。
シアリスの場合は飲むタイミングを選ぶ必要がないので、旅行や外出する際利用するのに向いています。
例えばパートナーと待ち合わせする前に服用しておくと、安心して二人の時間を楽しむことが可能です。

人によって効果がそれぞれ異なるので、いくつか比較検討してみて自分に合ったものを選択すると良いでしょう。
食事の影響を受けたりあまり受けないものもあるので、自分のライフスタイルに応じて使い分けしている人もいます。
医師によく相談すると適切なものを処方してくれるので安心・安全に利用することができます。

3大治療薬の魅力ある効果について

OKサインをする医者

ED治療薬に間違ったイメージを持っている人がいて、例えば服用すると心臓に負担かけるから危険だったり一度飲んだらずっと服用しなければいけないなどがあげられます。
中には服用すると1日勃起状態が続くなどのイメージを持っている人もいますがこれらにはまったく根拠がなく、ED治療薬は血流を良くし性器に血液が集中しやすくする作用になっています。
脳に作用するものではなく身体的な依存性もありません。
有効成分が効いている間は性的刺激がないと普段通りの状態で、成分が効いている間性的刺激があると効果が発揮されるという仕組みです。

血流が良くなると心臓などに負担がかかると思っている人もいますが、服用してから性行為を行うことは例えば1階から3階まで上がるのと同じ負荷になるので、健康体の人なら問題ありません。
バイアグラは高い効果を誇っていて世界中で使用されています。
レビトラやシアリスなどが開発されていますが、まだまだ愛用している人は多くいるでしょう。
日本では2014年に特許が切れ各製薬会社からさまざまな種類の後発医薬品が登場していますが、今も不動の人気があります。
効果の持続時間は5時間程度あり、ほとんどの人が効果を実感することが可能です。

副作用はいくつかあり、例えば顔のほてりや軽い頭痛、軽いめまいや動悸、目の充血などがあげられますが、次第にましになっていくので心配ありません。
レビトラは標準的な食事による影響をあまり受けないという特徴があります。
説明書にも効果を実感するため空腹時での服用がすすめられていて、効果の持続時間は10mgで5時間、20mgで7時間~10時間になっています。

副作用としてバイアグラと同じようなものがありますが、但し20mgの場合はバイアグラと比較すると効き目がある分副作用が強めに現れるでしょう。
シアリスの持続時間は最大36時間と長めになっていて、レビトラと同じように食事にあまり影響されないのが特徴の一つです。
副作用はバイアグラやレビトラと一緒ですが、バイアグラやレビトラと比較すると効果がややマイルドなので副作用も少なめになっています。
重篤な副作用はほとんどないですが、何かしら異変を感じたり心配なことがあるなら、医師とよく相談すると適切な対処を行ってくれるでしょう。