匂いや黒ずみ・痩せて細くなりたいなど女性の悩みを解決

女性の気になる悩み

日焼け止めシミ改善の医薬品はあそこや乳首の黒ずみにも効果があるかも?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

医薬品にしかシミを改善させる成分を含ませるわけにはいかない。

そして飲む錠剤だから全身に効くことになる。

顔や手などシミが改善されるならあそこや乳首の黒ずみにも効果が認められるように感じる。

シミ改善薬もメラニンを過剰発生しないようにする要素がある。

抗酸化成分で活性酸素をやっつける仕組みが医薬品には備わっている。

日焼け止めシミ改善の医薬品

最近日焼け止めサプリメントが流行っているがサプリメントには含まれない成分が医薬品には含ませることができるらしい。

その代表格がL-システインと言われる成分です。

この成分は紫外線によって肌を攻撃するのに活性酸素が増殖する。

その活性酸素から肌を守る為にメラニン色素が分泌されて黒くなる。

それがいわゆる日焼けやシミなんです。

その活性酸素が発生しなかったらメラニンは出てこないんです。

でも医薬品には活性酸素を活発にさせない抗酸化成分が含まれています。

抗酸化成分で活性酸素を排除してくれるんです。

だから日焼けをしてもなかったことにしてくれるのがL-システインなんです。

あそこや乳首の黒ずみ

シミ改善や日焼け防止をしてくれる医薬品なら黒ずみもできないように思います。

メーカーではそのようなことはうたっていません。

公式サイトにも書かれていません。

でも日焼けにしても黒ずみもメラニンによって黒くなるんです。

シミ改善とうたっていたら黒ずみも改善してくれるかもしれない。

メラニンを分泌させない

医薬品にしか含ませることのできないL-システインがメラニンを分泌させない。

紫外線でもブラやシャツの摩擦でも同じく活性酸素が出ると思う。

その活性酸素を出さないように対処するのが抗酸化成分らしい。

要は活性酸素が発生しなかったらメラニンで肌を守ることはないんです。

メラニンが分泌されないってことは黒くならないってことです。

活性酸素を発生させるのが紫外線か摩擦かって所の違いだけです。

あくまで想像ですから信用しなくても良いです。

毎日飲む医薬品

チョットしたベランダでの作業や買い物で外を歩くなど油断が日焼けする原因です。

その油断は避けられないので飲む日焼け止めが人気なんです。

日焼け止めの他、腰痛や肩こりなど改善されたって声が上がっている。

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 冷え性
  • 髪の毛のツヤと質
  • 爪の質
  • 二日酔い

などなど日焼けやシミ改善のほかにも色々報告されている。

SIMIホワイトなんかは妊婦さんや授乳中のママにも摂って欲しい栄養がたっぷりと含まれている。

そんなことを考えるともしやって感じになってくる。

まず試すにはSIMIホワイトで良いと思います。

ロスミンローヤルも医薬品ですから良いと思います。

飲むなら医薬品

飲む日焼け止めサプリも良いけど医薬品の方が他の効果も出ている。

まだ報告されていない物もある。

色々買う前に日焼け止めで栄養剤にもなる医薬品がおすすめ!

ムラなく全身に効くので日焼けの村がない。

日焼け止めクリームを塗り忘れたところもカバーしてくれる。

これが医薬部外品とは違う医薬品なんです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 女性の気になる悩み , 2018 All Rights Reserved.