ED治療薬を服用してからの勃起には性的刺激が必要

男性の多くは、勃起不全になることで大きく自信を無くしてしまいます。
EDにならないようにしっかりと生活することが重要ですが、EDは心的なストレスがかかったり老化で血流が悪くなったり、末梢神経に障害がでることで発症します。
また、過去のトラウマが原因でEDになることもあると知っておきましょう。
EDの原因がトラウマや心的なストレスの場合には、カウンセリングにより治療ができるケースもありますが、血流が原因の場合には治療薬を用いるのがいいでしょう。

いくつかの治療法がありますが、一般的にはEDの治療薬を用いて改善していく方法が人気です。
理由としては、継続的に改善ができる点と安価だからです。
日本国内ではEDの治療薬として3つの種類が人気があります。

薬によって、服用するタイミングや勃起するまでの時間が違います。
即効性のあるものや油ものの食事をとっても影響を受けにくい物や空腹時でなければ効果を発揮しないものまで、多種多様です。
そのため、利用者のライフスタイルによって最もいいものを選ばなくてはいけません。

タイミングによって服用する薬が変わってくるでしょう。
タイミングがあらかじめわかっている場合には、どの薬をつかっても問題ありません。
突発的なことが多い場合には、即効性のある薬を利用するといいです。
また、継続時間が長い物もあるので、比較しながら決めるといいでしょう。

EDの治療薬を使うときに勘違いしてはいけないことは、強制的に勃起を起こすものではない点です。
勃起するために血流を良くしたり、下半身に血が集まりやすい成分が含まれているため、性的刺激をあたえれば、本来の力をとりもどして勃起ができるといった仕組みです。
最初のうちは、薬を服用してから性的刺激を意識的にあたえて勃起力を回復させるといいでしょう。

食事の影響をうけやすい薬を使う場合には、食事をとってから少なくとも1時間は間を置く必要があります。注意しましょう。

性的興奮を高める方法とは?

EDの治療薬を使う場合には、正しい服用方法と勃起するための環境づくりが大切です。
この二つのうち、一つでもかけてしまうとうまく機能しないと覚えておきましょう。
正しい服用方法とは、水かぬるま湯で薬を飲むことや空腹時の服用や油ものを控えるなどです。

また、EDの治療薬を使っている間は、喫煙の習慣がある人は煙草を控えましょう。
煙草を吸うことで、血管が細くなり血流が悪くなるので、勃起する邪魔をしてしまいます。
飲酒に関しては、すこしなら問題はありません。
しかし、酩酊するほど飲酒してしまうと勃起に支障がでてくるので注意が必要です。

性的興奮を高める準備も必要です。
これは、触覚に訴えるものでもいいですし、視覚に訴えるものでも問題ありません。
お気に入りの動画がある場合には、性行為のまえに見ておいて性的興奮を高めるのもいいでしょう。
また、パートナーがいる場合にはパートナーに協力してもらうのも効果的です。

いつもとは違った、ラグジュアリーな下着を身に着けてもらったり、興奮しやすい状態を作り出す格好をしてもらうのが一番いいです。
服用を続けていくうちに、しっかりと勃起できる状態を作り出すことができるので、継続が重要です。
最初はうまくいかない人でも数か月かけて服用を続けていれば、性的刺激があれば自然に勃起できる身体を作り出すことができます。

ひとりで悩んでいる人は、パートナーとも相談しながら改善していくと心的なストレスや負担も軽減されます。
性的刺激に関しては個人差があるので、いろいろなものを試すといいでしょう。
薬を服用するときには、ほかの薬と併用してはいけないものもあるので医師に相談をしながら、しっかりと服用を続けていきましょう。