自分がEDか判断する方法

自分がEDなのか不安になったことって一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
若い人ならあまり気にしたことがないと思いますが、40代以上の人はたぶん一度は気にしたことがあるはずです。
まず、EDというのはどういったものなのかというのを説明します。
聞いたことがある人もない人も一度聞いて、改めてその意味を理解するのも大切なので、ぜひ耳を傾けてみてください。

まず、簡単に説明すると、男性器が正常に勃起しなくなる症状のことをEDと一般的には言います。
男性器は若い世代になればなるほどほぼ不自由なく勃起するものです。
でも、40代以上になってくると、思うように男性器が勃起しなくなってきます。

これはまだEDとはいいません。EDの場合は完全に男性器が立たなくなります。
これは男性にとっては非常に悲しいことです。
EDにもう既になってしまったという人は、泌尿器科などの病院で診察してもらって簡単に治療することができます。
でも、まだ病院に行っていなくて、勃起不全の疑いがあると思っている人は、この記事を読んでどのような方法で治療することができるのかを試してみてはいかがでしょうか。

まずはじめにEDになっているかどうかを見分けるために、EDの初期症状をチェックする必要があります。
どのような初期症状があるのかというと、それはセックスの最中に中折れするというのが一つ目に挙げられます。
中折れというのは、女性器に男性器を挿入すると、男性器の勃起力が低下することを意味しています。射精した後とはまた違ってきます。

この中折れは初期のEDを見分けるために必要になってくる方法なので、もし最近中折れが以前よりも多くなってきたと感じている人は、すこしEDを疑ってみてはいかがでしょうか。
これ以外にも自分一人で判断する方法も実はあるんです。
中折れで判断するのは自分一人で確認することは極めて困難です。それでは一人で確認する方法を紹介します。

毎日の朝勃ちの有無で体調をチェック

自分一人でEDを確認する方法に毎朝の朝勃ちで判断することができるということを皆さんはご存知でしょうか。
実は朝勃ちでEDかそうではないのかというのを簡単に判断することができるのです。
ではどのような手順で判断するのかというのを紹介します。

まず朝勃ちというキーワードなのですが、男性の皆さんなら一度は経験したことがあるとは思いますが、朝目覚めとともに男性器が勃起していることです。
これは自分の意思とは関係なく勃起するので、生理現象の勃起なのです。
生理現象にはさまざまなものがあり、あくびや睡眠など数を数えればきりがないくらい実は人間の体には様々な生理現象が隠されているのです。

では本題に戻りますが、朝勃ちでEDを判断するにはどのようなものがあるのかというと、朝に勃起しているかしていないのかということです。
もし勃起していないことが多くなってきたらそれはEDの可能性が非常に高いといえます。
しかし、健康状態が悪い日が続いたりすると、正常に朝勃ちが起きません。
これは健康状態の影響を受けているだけでEDとは言えない場合が多いので、そこまで気にすることではありません。

また、朝立ちはするけれども男性器の硬さが下がってきたと感じている人は十分注意が必要になってきます。
ペニスの硬さが低下することはペニスの機能の衰えを意味しています。

このようなことから体は常にEDかそうではないのかという指標を出し続けています。
この指標に気がつくかつかないかがEDを早めに治療することができるかそうではないのかを分ける最大のポイントになってきます。
もし今回の記事に書いてあることに当てはまったならば、早めに診察してもらうことをおすすめします。